書籍紹介

サマンサネットがお送りするの書籍やカタログなどのメディアをご紹介いたします。

文藝春秋特別編集『老後の住まいとお金』に掲載

老後を楽しく過ごしたい。
あたりまえの希望を叶えるための方法が住まい篇・お金編に分けてわかりやすく書かれています。
その中の住まい再考で代表の杉之原が載っています。
あと回しにするとさらに大変になる ”自宅と実家の断捨離を開始”
ご参考になれば幸いです。

文藝春秋サイトへ

「いつ死んでも後悔しないお片づけ」重版決定!!

『片づけ』という言葉はマイナスイメージがありやりたくない、めんどうくさいと始める前から重くて暗い感じになってしまいがち。
床上のモノ、モノ、モノ・・・
見なかったことにしよう。今度にしよう。
そう思ってしまいます。
タイトルは衝撃的ですが、親の家の片づけだけでなく、50代のゴールデンエイジがもっと幸せに暮らせるためのポジティブなお片づけのコツを書いています。
大変申し訳ございませんが、本屋さんではご購入できません。
ご購入ご希望の方は下記PHPファミリーのホームページからお申込みください。

PHPサイトへ

<価格>1,296円(税込)
<ご注意>一般書店でのお取扱いはございません。

講談社より発売 『実家と空き家の片づけ方』

表紙デザインは、ホームステージングテキストの表紙を担当したオオノさんのデザインになります。
重たいテーマではありますが、かわいらしい明るい表紙にして頂きました。

◆タイトル 『一番わかりやすい! 片づけのプロが実践
実家と空家の片づけ方』

◆定価 定価:1200円(税別)
◆総ページ数 208頁
◆「親の家の片づけ方」だけではなく、今回は「空家の片づけ方」、また片づけた後に「早く高く家を販売する方法」も掲載!3000件以上もの現場経験があるからこそ、本当に皆が悩んでいることをわかりやすくアドバイスできる!
どうぞよろしくお願い致します。

単行本(ソフトカバー): 208p
出版社: 講談社 (2014/6/4)
発売日: 2014/6/4
書籍寸法: 18.6 x 12.8 x 2 cm

書籍「片付けなきゃ親の家」のご紹介

NHK『あさイチ』BSジャパン『日経プラス10』出演! 今話題の「親の家の片づけ」をプロが指南。

数年前から片づけブームで、片づけ本がたくさん出るようになりました。しかし、いずれも本人の意志で「自分の家」を片づける人のためのものでした。そしてその要領で「親の家」を片づけようとすると、問題勃発。。。
今、「親の家の片づけ」に悩む人が急速に増え、その対処法に悩む人が大勢いることがわかってきました。さらにこの問題は高齢人口増加に伴い、毎年増えていくと予想されます。

◇人の家に口出しするほど難しいことはない

今までの片づけ本のゴールは「モデルルームのような美しい部屋」「モノが置かれていないスッキリした部屋」でした。しかし、親の家の片づけのゴールは、モノにつまずいて転ばない、ケガをしない安全な部屋、探し物をしないストレスのない安心な部屋、つまり「安全で安心な部屋」なのです。
そのため本著は今までの片づけ本のノウハウとは自ずと違ってきます。

◇何千件という片づけを経験したプロが教える!

写真や図などを用い片づけ方を丁寧に解説した本はたくさん出ています。それで片づけられる人は、そういった本をぜひ活用してほしいと著者は言います。
しかし、そこまでもっていくまでの段階を踏むのが非常に重要で、本書はそちらを重点的に解説しています。これは親の家の片づけに限らず、片づけが苦手な人、老後の人生を楽しむ前の準備を考えている人にもあてはまります。
片づけ問題について、悩みを解消したい人は是非本書を開いてみてください。何千件もの片づけの手伝いを経験したプロだからこそお伝えできることがたくさん書かれています。
片づけに悩み、苦しむ人を一人でも減らしたい、そしてもっとスムーズに片づけを進められる方法を探している人のためのお役に立ちたい、そんな強い気持ちから本書は生まれました。